一人一人に根付く「慶(よろこび)」にいち「早」く到達する。

日本は「ゆとり社会」と呼ばれるようになって久しいですが、それでも日本は以前として学歴社会であることには変わりはありません。
もちろん学歴が全てではないですし、学歴が無くても人生を幸せに生きている人、何らかの分野で成功を収めた人は多いです。
しかしその一方で、現時点で自分が何をやりたいのか、夢がはっきりしていない人も学生の中では多いのではないでしょうか。
また自分がやりたいと思ってる事の中には学歴があった方が有利に動くといったことも少なくはないのではないかとも思います。
なぜならやはり日本は「学歴社会」であるからです。
 
日本の学生のうち大半は社会の決めたレールに乗って漠然と決められたように大学受験をし、自分の合格した大学に進み、そのまま学生生活を終え社会に進出します。
もちろんそれ自体が悪いことではないです。
しかしその過程の中で、もっと自分の人生はこういう風にしたい、こんな一生を過ごしたい、そういった気持ちを持って積極的な気持ちで大学受験をする人は果たしてどのくらいいるのでしょうか。
 
また昨今の世の中では従来の会社に勤めたら安定だとか、終身雇用の形態が崩れつつあります。
その中で少なくとも自分の人生は自分の力で切り拓いていけるだけの能力が必要となっていることは間違いのない事実ですし、今後もこの傾向は拡大していくはずです。
その能力があれば個人の力で何かを成し遂げることだってできますし、例え社会のレールに乗ることを選択しても良い人生を切り拓いていけるはずです。
そうして自分の人生が幸福なものになるべく努力し、幸福を掴む人が増えます。そうしてそのような人達が周囲の人に還元していけば、もっとこの国は幸せで満ち溢れていくのではないでしょうか
 
慶早進学塾は、読んで字の如く、慶應義塾大学や早稲田大学といった難関大学に進学してもらうために設立した塾です。
私達はまずは日本という学歴社会の中で、そのような世界で私たちを信じ、付いてきてくれた生徒達が有利になるべく、あくまでも結果にこだわり、数々のコンテンツを提供していくことを約束いたします。
具体的には生徒一人一人にあった勉強法、カリキュラムの提示、難関大学に合格するために必要な受験指導、スムーズに勉強ができるような環境の手配、そしてメンタル面のサポートなどです。
(詳細はこちらから→「慶早進学塾とは…」)
そして大学受験を通した中で私たちは二つの価値を見出し、それを推し進めていきます。

  1. 大学受験を通じて受験以降、社会に通用し、自分の人生を切り拓いていけるような人材の育成。
  2. 生徒それぞれの「幸福」とは何なのかを、大学受験という人生の分岐点を通過しようとする過程の中で見つめ直し、今後に生かす。また周囲の人と幸福を分かち合えるような人になってもらう。

この二つです。
もちろん進学塾である以上、大学受験での成功を第一として全面的に支援することになりますが、それだけではなくあくまでも生徒の今後を念頭に置き、適切な指導をしていくことが慶早進学塾の信念であり、理念です。
「慶」應や「早」稲田等に進学するために不断の努力を重ね成長することで、一人一人の「慶(よろこび)」に「早」く到達する。
私たちはこの理念の元、一人一人と真摯に向き合っていくことを約束いたします。
なぜなら、この姿勢が一人一人の幸福を生み出し、そしてそれが今度は全体にへと広がっていくと考えるためです。