2015 合格実績(2015/3/18更新)

ジェラーのメルマガ購読はこちらから!
最も良質な情報を一番早く受け取ることができます!
二浪慶應生ジェラーの最強の受験メルマガ
 
ジェラーです!
 
さてこの記事では2014年度の「ジェラーの受験指導」を受けた生徒計8名の合格実績を速報という形で紹介していきます。
主に難関大学や有名大学の合格が分かった時にこの記事を更新していきますね。
もし塾選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
※「ジェラーの受験指導」を受けた人以外にも、色々な形で多くの受験生とやり取りをしてきましたが、それは一切実績としていません。
 

2014 合格実績

昨年は難関国公立大学の東京工業大学を始め、私大では慶應義塾大学、早稲田大学の合格者を複数名出しています。
具体的な実績はこちらから見る事ができます。
クリック→「2014 合格実績」
 

2015 合格速報

2/11より生徒から合格通知を受けとりましたので、報告していきます!
 
明治大学政治経済学部経済学科(一般入試個別日程)
青山学院大学経営学部経営学科(一般入試A方式)×2名
立命館大学法学部(センター利用)
立命館大学法学部(センター併用方式)
立命館大学経済学部(センター利用)×2名
関西大学経済学部(一般入試個別日程)
明治学院大学経済学部経営学科(一般入試A日程)
日本大学理工学部海洋建築学科(一般入試 N方式第1期)
東洋大学理工学部都市環境デザイン学科(一般入試)
甲南大学経済学部(一般入試後期日程)
龍谷大学経済学部(センター利用)
龍谷大学経済学部(一般入試)
広島修道大学(人間環境、心理、経済科学、商、経営)(一般入試後期日程)
福岡大学経営学部(一般入試後期日程)
 
その他にも東海大学や大東文化大学等、複数の大学の合格の報告をもらっています!
 

総括

さて今年度の受験指導における合格実績はこのような形となりました。
これを踏まえて今年の総括を行いたいと思います。
特にどういう人が伸びやすいとかそういったことまで触れるので、これから受験を迎える人は参考になることが多いのではないかと思います。
 

下位グループが奮闘

よく短期間で成績を大きく上昇させて、志望校合格!みたいな事を謳い文句にしたりしますが(僕も実際にそうすることも多いです)、それは成功体験であって、全ての人がそのような経過を辿るわけではありません。
もし全ての人がそのような成績の伸び方をするのなら、誰も受験勉強で苦労なんかしませんからね。
 
さてそういった中でも今年は、僕が受験指導を始める前の段階で偏差値が50を下回っていた、成績下位層の躍進が目立ちました。
これは現時点でどれだけ成績が悪くても、適切な指導のもと、しっかり勉強すれば合格圏内に到達するということを意味します。
特に今年の生徒には夏明けでセンター政治経済30点とか、秋の模試で偏差値40前半ぶっちぎりのE判定の人とか普通にいましたが、それでも最終的には大半の人が上記であげたいずれかの大学に合格しています。
 

上位層は苦戦

さてその一方で上位層、具体的には今年は国公立志望の生徒がいませんでしたから、早慶を第一志望に設定していた子は全体的にやや苦戦した印象があります。
その要因としては、まずは時間が間に合わなかった子が多かった子が多かったこと。
もう少し時間があれば受かっただろうという子や、そもそも僕の指導を受け始めた時期が遅すぎた子もいました。
やはり受験は「時間勝負」の側面が非常に強いですから、受験をすると決めたら、すぐにでもスタートさせるのが理想です。
僕自身もより確実に希望の大学に送り込みたい気持ちが強いので、生徒募集の時期はもう少し考える必要があるなという印象です。
 

伸びやすい人の特徴

さてこれまで本当に多くの受験生と接してきました。
当然人それぞれ個人差があるので、伸び方は様々ですが、それでも伸びる人の特徴はひとまとめにできます。
それを書いておきます。
 
①ちゃんと手を動かす人
そもそも勉強しないと何も始まらないですから、これは当然ですね。
あれこれ言い訳して勉強しない人の成績が伸びるはずがありません。
 
②言うことを聞くこと
僕の指導を受けるということは、これまで勉強に何らかの苦労を抱いていたという事です。
それを改善するにはやはり言うことを聞いて実行するのが大事です。
そもそもいうことを聞かなくてもいい人は既に結果が出ている人です。
①は誰でも理解していることなので良いのですが、思っているよりもここができない人が多い印象です。
お互いがお互いを信頼して、心を開くことが何よりも大事となります。
 
この2つが大前提となります。
基本的にこの2つを満たせている人は安心して大丈夫です。
僕の指導を受ければまず間違いなく成績が伸びるでしょう。
 

仮面浪人に関して

さて今年度の生徒の中には実は仮面浪人で合格を勝ち取った生徒がいます。
仮面浪人の指導は初めての試みだったので、その所感も書いておこうかなと思います。
 
まず率直に言って、仮面浪人は純粋な浪人よりもはるかに大変です。
ただ大学に籍を置いて、全く大学に通わないという実質的に純粋に浪人している状況と変わらないのならまだしも、そうでないいわゆる普通の仮面浪人は困難を極めます。
大学でどこまで単位を確保するのか、いつから大学を切って受験に専念するのか、この辺りの判断が極めて難しい。
そのため難易度が格段に上昇しますし、どちらも中途半端な状況になりやすく、終わってみたら留年していましたという状況だってあり得ます。
 
そのため今ここで志望校に受からなかった人で仮面浪人を視野に入れている人はとにかく慎重に決断を下すべきだといえるでしょう。
今年の僕のこの仮面浪人で青学に合格した子は確かに最後合格することができましたが、やはり他の生徒よりも大変な状況だったように感じています。
 

3期生募集に関して

さて今年の合格実績と、今年の指導の報告を「あえて」隠すことなく公開しました。
これは僕の受験指導には悪い点もあり、完璧ではないということをここで強調しておきたかったからです。
もちろん誇れる事もたくさんありますが、受験というのはすべて成功するのはあり得ないことをこれを読んでいるあなた、そして僕自身しっかり認識しておく必要があります。
そういった特徴を踏まえて、やると決めたその段階から一刻も早くスタートすることで、合格の可能性を高められるんだと思います。
そういった人の支援を、今年の良かった事、悪かった事それぞれを反省し、更に皆さんの支援ができればいいなと思っています。
 
現在生徒の募集を行っていますから、興味のある人はこちらからご覧ください。
(クリック→)「ジェラーの受験指導」
 
新しい生徒達と2人で合格の喜びを噛み締められるその瞬間を今から心待ちにしています!
 
 
現在ブログランキングに参加中です。
1日1クリックして協力してください!

大学受験 ブログランキングへ
こちらもお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村