桜咲く

こんにちは。慶早進学塾岐阜校 校舎長の波多野雄輝です。

タイトル通り、受験の結果は桜で表現されることが多いですね。

なぜ桜と使うようになったのでしょうか?

諸説ありますが、どうやら1956年に早稲田大学が合格発表につかった電報からはじまったようですね。

地方の学生は受験こそ上京して受けに行きますが、合格発表のために足を運ぶのは大変なので、当時は合格電報という形で合格を確認していたそうです。

合格を電報で確認する文化の出発は早稲田大学だそうで、合格であれば「サクラサク(桜咲く)」、もし不合格であれば「イナホチル(稲穂散る)」という電報の文区が使われたようです。

また、早稲田大学に習って他の大学でも合格電報の文化が根付きました。

一部紹介させていただくと

東京大学の場合、もし一次試験で不合格なら「ウメノハナチル(梅の花散る)」

静岡大学の場合、合格なら「富士山頂征服す(フジサンチョウセイフクス)」、不合格なら「駿河湾未だ波高し(スルガワンイマダナミタカシ)」

東京海洋大学(東京商船大学)の場合、合格なら「トラトラトラ」、不合格なら「チンボツ(沈没)」

と各大学、それぞれの色が出ていて面白いですね。

いかがでしたでしょうか?

受験生の皆さんに桜が咲くことを願っています。

関連記事

  1. 3.11から8年。

  2. 1/fのゆらぎ

  3. とある日の岐阜校の様子と慶早進学塾の仕組み紹介

  4. 花粉症がつらい

  5. 冷え性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA