桜咲く

慶早進学塾オンラインコースご案内

こんにちは。慶早進学塾岐阜校 校舎長の波多野雄輝です。

タイトル通り、受験の結果は桜で表現されることが多いですね。

なぜ桜と使うようになったのでしょうか?

諸説ありますが、どうやら1956年に早稲田大学が合格発表につかった電報からはじまったようですね。

地方の学生は受験こそ上京して受けに行きますが、合格発表のために足を運ぶのは大変なので、当時は合格電報という形で合格を確認していたそうです。

合格を電報で確認する文化の出発は早稲田大学だそうで、合格であれば「サクラサク(桜咲く)」、もし不合格であれば「イナホチル(稲穂散る)」という電報の文区が使われたようです。

また、早稲田大学に習って他の大学でも合格電報の文化が根付きました。

一部紹介させていただくと

東京大学の場合、もし一次試験で不合格なら「ウメノハナチル(梅の花散る)」

静岡大学の場合、合格なら「富士山頂征服す(フジサンチョウセイフクス)」、不合格なら「駿河湾未だ波高し(スルガワンイマダナミタカシ)」

東京海洋大学(東京商船大学)の場合、合格なら「トラトラトラ」、不合格なら「チンボツ(沈没)」

と各大学、それぞれの色が出ていて面白いですね。

いかがでしたでしょうか?

受験生の皆さんに桜が咲くことを願っています。

慶早進学塾オンラインコース

慶早進学塾オンラインコースご案内
  1. 勉強しているけれど、なかなか結果がでない
  2. 勉強したいけれど、何からやればいいか分からない
  3. 近くに良い塾や予備校がない
  4. 近くに頼れる先生がいない
そんな悩みを抱えている人はいませんか?
慶早進学塾ではそんな方のために、オンラインコースという、テレビ電話やチャットを通じて指導するコースを用意しています。

オンラインコースでは以下の悩みを解決できます

1.勉強法

何を勉強すればいいかで悩むことがなくなります。

2. 勉強量

勉強へのモチベーションが上がるため、勉強量が増えます。

3.専用のカリキュラム

志望校対策で必要な対策をあなただけのカリキュラムで行うことができます。 もしあなたが勉強の悩みを解決したいなら、ぜひ以下のボタンからお問い合わせください。 オンラインコース 詳細はこちら

慶早進学塾では毎年数多くの難関大合格者が生まれます。
そして合格者は皆自分の将来の夢や目標に向かって羽ばたきます。
確かに受験で結果を残すことは大事です。
しかしそれと同時にその先にあなたが何をやっていくのかも重要です。
私たちと一緒に勉強しながら、成績を上げませんか?
そしてあなたの夢を一緒に叶えていきませんか?

慶早進学塾の無料体験相談

無料体験のお申し込み・ご相談は
下記のフォーム、またはお電話にて受付中

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日12:00-22:00

慶早進学塾岐阜校内

お問い合わせフォーム

お名前

必須

メールアドレス

必須

電話番号

必須

電話に出られる時間帯

必須

住所

必須

学校名

任意

志望校

任意

お問合せ内容

必須

入塾申込み無料受験相談の希望慶早進学塾の受講内容確認求人についてその他

受講希望校舎

必須

岐阜校大垣校大阪校Skypeを使用したオンライン

お問合せ詳細

任意