働き方改革で働きやすい世の中になるのか?

こんにちは。慶早進学塾の波多野です。

いよいよ3月も末日となり、明日から4月になります。

大学を卒業して晴れて社会人となる方や、元号が新しくなるなど世の中が大きく変わろうとしている中、今回は2019年4月1日より施行される「働き方改革法案」について書いてみようと思います。

背景

目指すのは一億総活躍社会の実現だそうです。

背景には労働力の減少があります。

現在、労働人口の主力となる生産年齢人口は15歳〜64歳と定義されており、向う100年経たないうちに総人口の半分以下になると言われています。

具体的には、現在の人口増減率のままでは、2050年には総人口9000万人のうち、労働人口は5000万人になるそうです。

ちなみに現在は7000万人弱の労働人口となっています。

こうした労働力の減少がわかっているため、政府は労働生産性を上げるために今回の政策の実施を決めました。

何をするの?

労働生産性を上げるために課題となる問題点が3つあります。

  1. 長時間労働
  2. 非正規と正社員の格差
  3. 労働人口の不足

この問題を解決するために以下のルールを会社に要求します。

  1. 残業時間の罰則付き上限規制
  2. 5日間の有給休暇取得の義務化
  3. 勤務間インターバル制度の努力義務
  4. 産業医の機能強化
  5. 同一労働・同一賃金の原則
  6. 高度プロフェッショナル制度の創設
  7. 3ヶ月間のフレックスタイム制が可能
  8. 割増賃金率の中小企業猶予措置の廃止

と難しい言葉が続きましたね汗

全てを説明していると長くて退屈になってしまいますし、8つ全てのルールが2019年4月1日からという訳ではないので、太字にしたところを順番に説明していきますね。

残業時間の罰則付き上限規制

皆さんは36(さぶろく)協定という言葉を知っていますか?

正式名称を「時間外・休日労働に関する協定届」といい、労働基準法第36条が元で36協定と言われています。

基本的には労働者は1日上限8時間、週の合計労働時間を40時間までと定められていますが、残業や休日出勤などを行う場合に、こちらの協定を結ぶ義務があるのです。

この36協定によって、一時的に労働時間を延長する約束をするのですが、もちろん無限ではありません。

本来は、1ヶ月45時間まで、1年で360時間までと定められているのですが、特別条項という項目を含めるとなんと無制限に労働が可能になっていました汗

そこで、今回の働き方改革では、この特別条項に制限を設け、1ヶ月100時間まで、2~6ヶ月平均80時間までというルールを遵守させます。

これによって不当に長時間労働を強いられている人を法律によって守ることができるようになります。

5日間の有給休暇取得の義務化

これは、年10日以上の有給休暇が発生している労働者には、年間で必ず5日以上の有給を消化させることを義務化しています。

私もなんですが、有給があることを知っていながら中々言い出せずに使えなかったり、繁忙期のうやむやで知らず識らずの内に年度が終わっていることもあるので有難い制度ですね。

実はこれ正社員の方だけではなくて、パートタイムで働いている方やアルバイトの方にも適応されるんです。

具体的には

・入社後6ヶ月が経過している正社員またはフルタイムの契約社員

・入社後6ヶ月が経過している週30時間以上勤務のパート社員

・入社後3年半以上経過している週4日出勤のパート社員

・入社後5年半以上経過している週3日出勤のパート社員

の条件下で働いている職員の方に適応されるのです。

いずれも年10日以上の有給休暇が法律で認められているというのがポイントですね。

同一労働・同一賃金の法則

実は今回の働き方改革で最も注目されているのがこちらです。

その名の通り、同じ労働に対して同じ対価を支払うことを義務化するもので、これは非正規・正社員労働格差の是正としての側面が強いです。

あまり良くない話ですが、非正規労働の方は正社員の方と比べて極端に労働条件が悪く、同一の仕事をしても給与が安いという不条理なことがまかり通っています。

今回の働き方改革の目的は、一億総活躍社会の実現なので、皆の労働が平等に評価されることが重要視された結果、この法則が義務付けられることになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はいつもとテイストを変えて真面目な話で書かせていただきました。

明日から施行ということで手探り状態ではありますが、私たちも働きやすい職場づくりに徹して皆が気持ちよく仕事ができるようにして行けたらと考えています!

私共、慶早進学塾は日々、教育に真摯に向き合っております。

何かお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

慶早進学塾 岐阜校舎長 波多野雄輝

慶早進学塾公式ライン

どの科目をどの順番で効率よく勉強していけばいいのか分からない。
勉強に対するモチベーションを維持できず、別のことをしてしまう。
そういう悩みを抱く方は多いと思います。そういう時こそ、受験ときちんと向き合わなければいけません。
自分に合う正しいやり方を見つけ、日々適切な量の努力をしないと、成績は思うように上がらない状況も生まれます。

慶早進学塾の公式ラインでは、慶早進学塾の各種サービスをご利用いただいている生徒さんへの還元という想いから、以下の内容をテキストや写真、動画で完全無料で配信しています。
・普段から意識したい勉強方法
・有益な受験情報
・モチベーションの維持方法/上げ方

ぜひ登録して日頃の勉強に役立ててください!受験を楽しみましょう!

友だち追加

関連記事

  1. 冷え性

  2. 花粉症がつらい

  3. 桜咲く

  4. 1/fのゆらぎ

  5. 3.11から8年。

  6. とある日の岐阜校の様子と慶早進学塾の仕組み紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


校舎長候補募集中!

カテゴリー