参考書徹底解説シリーズ英単語帳『duo3.0』

高校生、受験生の皆が必ず通らなければいけないのが、英単語の暗記という道だ。
英単語の暗記は大学受験においては必要条件で避けては通れない。
その重要性から様々な英単語帳が世の中に出回っている

この中で大学受験において最も有名な英単語帳のうちの一つが『duo3.0』である。
duoの大きな特徴は2600個の英単語、熟語を560個の例文へと凝縮しており、非常にコンパクトに英単語の暗記ができるというところだ。

しかし、一見どの単語帳よりも一番楽そうに見えるが、対象レベルがあっていなかったり、使い方を間違えたりするとなかなか英単語の暗記が進まないということが起こりうる。

では、duoを使いこなせるレベルとはどれくらいだろうか?
また、duoの正しい使い方とはなんだろうか?

ここでは、非常に有名な英単語帳『duo3.0』のメリット、デメリットそして、『duo3.0』を最大限に生かすための使い方を徹底解説する。

これを読んで、まずduoはそもそも自分に合っているのか知り、そのうえで、duoの正しい使い方を知ってそれを実践していこう。
そして、英単語を早期に完璧にしてしまい、英語において大きくリードしよう

英単語暗記の重要性

まず、duoの解説をしていく前に英単語を暗記することの重要性について解説していく。
これを読んで、英単語は受験のカギをにぎっているということをしっかりと認識しよう。

英語の重要性

英語という科目は大学受験のカギを握る科目である。

なぜなら、大学受験で最も使う可能性が高い科目だからだ。
高校の授業では、国数英理社の5教科7科目を中心に様々な科目を扱う。
しかし、それらすべての科目を大学受験で使うわけではない
特に、文系の人は数学、理科はかなりの確率で使わないし、理系の人は国語、社会は必要にならない可能性が高い。

だが、この英語という科目は文系、理系を問わずどの大学でも必ず受験必須科目に指定している
その配点は通常の科目と同じか高いことが多い。

つまり、英語ができれば、大学受験においてはかなり有利になるのだ。

英単語は英語の基礎

英語の学習を始めるときにまずやるべきことは

  • 英単語
  • 英文法

の二つである。

このうち、英文法は、暗記量が少なく比較的短時間で身に付けることができる。
しかし、英単語は何千個もの単語をしっかりと暗記するのはかなり時間がかかるうえ、非常に大変だ

また、文法の勉強が多少あやふやでも、単語が完璧にわかるのであれば、しっかりと長文のなどの、英語の他の問題にも多少対応することができる。
しかし、問題文中にわからない英単語がでてくると、かなり内容をつかむのは難しくなる

このように考えると、英単語の学習を欠かすと、他の英語の分野でかなりダメージをくらい、結果的に英語の偏差値がかなり低くなってしまうということがわかる。

よって、英単語は英語の基礎中の基礎で、しっかりやっていないと英語全体に悪影響を及ぼすのだ

このように、英単語は大学受験のカギとなる英語という科目の基礎中の基礎なのだ。
ゆえに大学受験においては、非常に重要になるのだ。

『duo3.0』のメリット

しっかりと、英単語の暗記の重要性を認識したところで、いよいよ『duo3.0』の解説をしていく。
ここでは、まずduoにはどのような良さがあるのか、そのメリットを3つ紹介する。

非常にコンパクト

duo-nakami
上記で述べたように非常にコンパクトであるということは、duoの最大の特徴であるとともに、最大のメリットでもある

日本の「いろは歌」をヒントに、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語を重複なしで560本の英文に凝縮させました。

このように著者コメントにあるように、かなり多くの単語が少ない例文に凝縮されているのだ。

英単語単体だけで意味を覚えるのは確かに大変だ。
しかもそれが2600個となるとかなり骨の折れる作業である。

しかし、これがたった560個の例文に凝縮されていると思うだけで、かなり楽になった気分になる。

しかも、

DUO3.0のすべての見出し英文は、米国の大学教授3名を含む15名のネイティヴと共に完成させた「暗記する価値のある英文」です。

と著者が言っているように、例文それぞれのクオリティーが非常に高く覚えるべき良い例文ばかりだ

このように、2600個をたった560個の非常に高クオリティーな例文で学ぶことができ、人によっては非常に短い時間で暗記が終わってしまう

一つ一つの単語の意味の解説が詳しい

英単語はそれぞれ一つの日本語と意味が対応しているわけではない。
様々な意味、用法を持つ英単語や、簡単に日本語にしきれない英単語などは少なくない

duoには一つ一つの単語の解説やその単語の微妙なニュアンスなどでその単語の意味の理解を深くすることができる

また、それだけでなく、関連語も載っているので、その単語単体だけでなく、それに関連する語も同時に覚えられるのだ。

よって、duoはより英単語の理解を深めたい人にとってはおいしいくらい一つ一つの解説が詳しく載っているのだ。

復習用のCDがあり発音から例文のリズムまでしっかりわかる

duo-cd
実は,duoには別売りの復習用CDというものが存在する。

見出し英文560本(2569語の見出し語で構成)だけをナチュラル・スピードでポーズを開けずに読み上げます。トータル時間は約60分(3647秒)ですので、単純計算で1.4秒につき1語がチェックできる効率的なCDです。また、持ち運びに便利な手のひらサイズ(50g)の見出し英文・和訳一覧小冊子が付録として付いています。

このように、ネイティブが読むナチュラルスピードでしっかりと読み上げてくれる。
一つ一つの単語の発音は電子辞書を使えば簡単にわかるが、これは例文全体での発音のリズムがわかる

つまり、復習用CDを使うことで、記憶の定着がしやすくなるうえに、リスニングの勉強にもなるという一石二鳥なのだ

『duo3.0』のデメリット

上の章では、duoのメリットについて説明した。
Duoは確かに上記に記したように様々なメリットが存在し、非常に優れた単語帳である。

しかし、それと同時にデメリットも数多く存在する
これを知らずにduoを選んでしまうのは非常に危険である

よって、この章ではduoの3つのデメリットについて解説する。
duoを使おうかどうか悩んでいる人は、まずこのデメリットをしっかりと熟知したうえで使用を検討しよう

例文を覚えるのは意外に大変

日本の「いろは歌」をヒントに、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語を重複なしで560本の英文に凝縮させました。

一見この例文に凝縮されているコンパクトさはかなり覚えやすいように聞こえる。
しかし、英語が苦手の人、英語の勉強を一から始めようという人にとっては、例文を覚えるのは意外に大変である

DUO 3.0という単語長をやっています。ですが、1周目をやっているのですが、英文を日本語訳にして分からない単語を練習してたら、一時間で10個しか進みません。それで、もうやめてしまいました。もう一回やろうと思うんですが、1周目はどのようにやればいいんですか?分かりやすく教えてもらえればありがたいです。ちなみにDUO 3 .0の復習用CDもありますよろしくお願いします

Yahoo知恵袋では以上のような質問がのっている。
このように、例文を覚えるという作業は英語が苦手、英語の基礎が固まっていない人にとっては一見楽なように見えて非常に大変だ

慶早では、基本的にシス単を英単語帳として推奨している。
このように、duoは例文を覚えるという作業が英語弱者には時間がかかるので、シス単を使った方が逆に早くより多くの英単語をおぼえることができてしまうのだ

例文が難しければCDも意味がない

良さに一つに、別売りの復習用CDがあり、リスニング練習にもつかえると上記で述べた
しかし、これも英語弱者、英語初級者にとっては、全く役に立たない

例文の解読に時間がかかる人にとっては、当然ではあるがリスニングの練習などしても、基礎が固まっていないので、あまり役に立たないのだ

受験英語向きではない

実は、duoは大学受験英語専門に作られた単語帳ではない
英検やtoeicの対策もできたり、英語や英会話を学習したい社会人なども使えるように英単語を選んで作っている。

しかし、高校生、受験生たちは受験で英語という科目で合格点を超えられるように高得点を取ることが目標である。
受験英語にはある程度頻出度の高い英単語など、英単語の出題には傾向がある

シス単などは受験英単語の頻出度を基準に考えられているが、duoはこれを基準に英単語を厳選しているわけではない

このように考えると、高校生、受験生にとっては無駄が多いのである
受験英語の頻出度が考えられて作られている英単語帳を使った方がduoをやるより早く英語全体の成績を上げることができるのだ。

以上の様に、duoにはメリットと同時に、英語の基礎が固まっていない人には不向き、受験英語向きではないなどで、シス単など他の参考書を行った方が、仕上がりが早いのだ。

『duo3.0』の究極の使い方

上記をしっかりと読んでいれば、メリット、デメリットの両方を認識できただろう。

ここでは、いよいよ『duo3.0』の究極の使い方を3つのステップに分けて解説する。

この章を読んでメリットを最大限に活かし、デメリットを最小限に抑えられるようにしよう。

『duo3.0』を使っても大丈夫な人

duoの使い方をする前に、duoを英単語帳として活用しても大丈夫な人について説明する。

duoを使いこなすには、例文の単語の意味さえ理解できていれば、瞬時に例文の意味が判断できるようになっていないといけないのだ。
デメリットでも述べた通り、例文の意味が単語の意味さえわかれば瞬時に判断できるようになっていない英語弱者や英語初級者は、例文の解読にかなり時間がかかる。

結果的に他の英単語帳でおぼえたほうがはやいということになってしまう。

よって、duoを使うのであれば、英文の意味を単語の意味さえ分かっていれば瞬時に判断できるようになっていないといけないのだ。

これに当てはまらない人はシスタンなど他の英単語帳を用いることを強くオススメする

まずは単語の意味を

まずは、単語の意味をしっかりと認識しよう

一つの例文に含まれている単語の意味をその解説とともに読もう。
解説を読むことによって、よりその英単語の印象が強くなり覚えやすくなるのだ

また、単語の意味と同時に発音がわからない単語があれば必ず電子辞書を用いて発音も覚えよう
発音をあやふやにしておくと、センター試験などででる発音問題はもちろん、リスニングなどにも影響してくる。

このように、最初は単語の意味を解説とともにしっかり認識し、必要に応じて発音もチェックしよう

例文を読み、内容を把握しよう

次にその単語が含まれている英語の例文を読んで、しっかりとその内容を把握しよう

ここで、他にわからない単語が出てきたら、無視するのではなく必ず自分で調べて、単語帳にメモしておくようにしよう。

文法的な構造など、他にわからないことがあれば自分で調べたり、先生に聞いたりしてできるだけその場で解決しよう

例文を読んで意味がわかるように

最終的には例文を読んでその例文の意味が分かるようにしよう

例文自体を覚えることは、やったほうが確かに良いのではあるが、単語を暗記することだけに集中するとなると、必ずしもやる必要はない

例文の意味を覚えるときに活用してほしいのが復習用CDだ。
復習用CDでナチュラルスピードで英文全体の発音をきいてから、それと同じスピードで音読しながら意味を覚えるのだ。

メリットでも述べたようにこうすることによって、リスニング対策にもなり、意味が頭の中で定着しやすくなる

このようにナチュラルスピードによる音読で例文の意味が瞬時に言えるようにしよう。

まとめ

以上が非常に有名な英単語帳『duo3.0』のメリット、デメリットそして、『duo3.0』を最大限に生かすための使い方だ。

duoにはメリットもあるが、それに伴ってたくさんのデメリットを抱えている。
英語弱者や英語初級者などはあまり強くオススメできないことがわかっただろう。

また、それでもduoを使いたいという人は是非上記に記した3つのステップを使ってduoをフル活用してほしい

関連記事

  1. 数学の第1歩!「初めから始める数学」の苦手克服の使い方3選

  2. 英語が苦手なあなたの切り札は「はじてい」だ!

  3. リスニング弱者必見!英語の耳を作る6ステップの勉強法

  4. 最強の英文法の勉強法とその覚え方3ステップ

  5. 90日で偏差値が10上がる「基礎英文解釈の技術100」の使用法

  6. 思考力を最大限まで高める200題!「新数学演習」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA