とある日の岐阜校の様子と慶早進学塾の仕組み紹介

こんにちは!

慶早進学塾塾長の鴨井(@kam0_gerrar)です。(リンク先からTwitterのアカウントに飛ぶことができます。色々な情報を発信しているので、ぜひTwitterフォローお願いします。)

普段慶早進学塾のホームページでは、各教科の勉強法や早慶の解答速報などを掲載してきましたが、こうして校舎の情報をお伝えすることはなかなかなかったように思います。

せっかくですから、こうしてぜひ皆さんに慶早進学塾はどのような塾なのか知ってほしいなと思い、記事を執筆しています。

僕は毎週金曜と土曜は営業時間の大半を岐阜校で過ごすのですが、今回は特に岐阜校の様子を中心に書いています。

もちろん大垣校(岐阜県)や今秋新たにオープンする中山校(神奈川県)でも同様のことを実施しておりますので、ご興味のある方は、お近くの校舎までお問い合わせください。

2~4名の少人数制指導

慶早進学塾では、毎週最低1回、120分の「指導」と呼ばれる時間があります。

一般的な塾や予備校では、例えば数学の因数分解、英語の仮定法といったような勉強の中身を教え、生徒が理解するという「授業」が行われますが、慶早進学塾ではそのような「授業」は一部でしか行いません。(その一部とは現代文や小論文、また定期試験対策の講義など)

その代わり、根本的な勉強法を教え、生徒一人一人のレベルに合った参考書を順番にこなしていくことで、他の人よりも早く成績を伸ばしていくという考え方を採用しています。

そしてこの「指導」という時間がその中心に該当します。

まず「指導」では、根本的な勉強のやり方をレクチャーします。これから自分自身で勉強を進めていくわけですから、成績の伸びる再現性の高い勉強のやり方を知らないと、どうしても我流の勉強になってしまい、ただ量だけ積み重ねてしまうということになりかねません。

それを避けるために、丁寧に勉強のやり方を伝え、実際に実践してもらっています。

そしてその次に、事前に一週間分の宿題が提示されていますので、その内容が定着しているかどうかを確認するための、「小テスト」を実施しています。

こちらが実際に「小テスト」を解いていたり、今日僕が生徒に提示した課題を実際に解いてもらっている様子です。

この小テストを実施することによって、以下の2点がはっきり分かります。

  • 生徒が1週間しっかりと勉強することができているかどうか。
    ⇨塾に来ている頻度もそうですが、しっかり勉強していればそこまで結果が悪くなるような難しい問題は出題しません。あくまでも一週間やるべきものをきっちりやれているかどうかを確認するためのものですから、そこを最優先で確認します。
  • 実際問題、その週で与えられていた課題が定着しているかどうか。
    ⇨自分で勉強を進めていたら、自分では理解していたつもりでも実は定着していなかったということは非常に多いです。

特にこれは勉強する時間は多いけれど、その割に結果に結びつかないという子に多く見られます。

もちろん皆さんが勉強する動機は色々なものがあると思います。しかし、その中の一つに、「勉強が少しでもできるようになりたい。」とか「分からないものを分かるようになりたい」といった知的好奇心は少なからずあるのではないでしょうか?

もしそうだとするならば、量だけ積み重ねても一向に成績の伸びない勉強は苦痛以外の何物でもないはずですよね。

僕はそういった子を少しでもなくしたい。勉強という題材を使って、どのようにして自身を成長させていけばいいのか、そのノウハウや感覚を生徒になってくれた子に備えさせてあげたいんですよね。

少し話が脱線しました。

よって小テストを確認し、出来があまり良くなかった箇所に関しては、なぜあまり出来が良くなかったのか、原因究明に努めます。

それはただ理解せずそのまま暗記してしまっていたからなのか、それとも一回やったけれども正しく定着する所まではいっていなかったのか、参考書の書かれている内容がよく分からなかったのかなどなど。

たくさんの原因がありますから、原因を丁寧に突き止めます。そしてその後解決策を一緒になって考え、提示してあげます。

そしてまた次の一週間でその解決策をもとに努力を重ね、改善されているかを確認するという流れです。

小テスト一つでこれだけ多くのことが分かります。

そのため生徒の皆には与えられた一週間の宿題を徹底的にやり、その上で小テストを受けてほしいですね。慶早進学塾で成績を伸ばすためのまず一つ大事なポイントとなっています。

自習室

S 7503886

慶早進学塾岐阜校 自習風景2

慶早進学塾では「指導」にて1週間分の宿題が提示された後は、各自勉強を行い、その宿題をきっちり完了させ、内容を定着させていきます

つまり、「自習」することが欠かせない塾となっているため、自習室には特に力を入れています。

結局のところ、一番大事なのは、正しいやり方でどれだけ勉強をするかであり、勉強をしない限り、成績が伸びることはありません。そのため勉強を目一杯する子は本当にびっくりするくらい成績が伸びますが、成績があまり伸びない子はきまって勉強時間が足りていないという現実があります。

しかし一度入塾してもらった以上、どの子も成績を伸ばしてほしいですし、率先して自分から勉強に向かえるようになってほしいものです。そのため生徒の皆が快適に勉強できるよう、自習室の設備には特に神経を使っています。それがこちら。

本当にこの設備を整えるのにお金かけました笑

でもこれで皆がしっかり勉強できるのであれば、何も痛くない出費ですよね。ここで日々皆勉強を頑張っていますし、この記事を書いているまさに今も多くの子が勉強しに来てくれています。

指定教科選手制度(名前仮)

これが最近の目玉です。名前は仮なんですが、この10月より、新たに岐阜校、大垣校で取り入れた制度となります。

これまで慶早進学塾では、

  • 元々そこそこ以上の学力があった子
  • 偏差値こそ低いものの、中学レベルまでの学習にさほど問題がない子
  • 最低限の処理能力を備えている子

に関しては既存の仕組みで何も問題なく成績を上げることが可能でした。

一方で、

  • 学力はもとより、最低限の処理能力を持ち合わせていない子
  • 中学レベル以前の学力に問題がある子

に関しては、どうしても決められている指導の回数だけでまかなうことが難しく、なかなか勉強が軌道に乗らないということがありました。

この問題は慶早進学塾の教育の仕組みに問題があると考え、2018年の10月より、正式に【指定強化選手制度】というものを導入しました。

その名の通り、まだ勉強が自立して行える状況になっていない子、まだ勉強の軌道が乗っていない子を僕たちが指定して、集中的に指導を行っていく制度となっています。

既にこれを始めて1週間経過していますが、なかなか良い感触を掴めています。これを毎日実行していき、生徒全員の勉強を軌道に乗せ、従来の仕組みで成績が上がり続ける状態までもっていきたいところです。

質問対応

慶早進学塾岐阜校 質問対応

普段自分で参考書などの教材を通じて勉強していたら、どうしても内容が理解できない問題などが出てきます。それは仕方のないことです。

そういった際には私自身やその日にいる講師に指導部屋に質問を持ってきてもらい、随時質問対応を実施するようにしています。

受験生と多く接していると、独学で志望校合格まで到達できると信じ、独りよがりな勉強をしてしまう子が結構多いですが、現実的なことを考えると独学で理論上は志望校に合格することは可能ですが、正直人を選ぶなと感じます。

なぜかというと、何をどのように勉強するかの情報を手に入れて、実際に自分で勉強を一人で進めていった際に、どこかでその人だけで解決できない問題が生じやすいからです。

それはできる人の感覚と、その問題をクリアしていない人の感覚には大きな差があるわけで、そこの感覚は人から教わりながらその感覚を養うことが最も確実な方法だからです。

そのため慶早進学塾にお越しの方はぜひ積極的に質問をするようにお願いします。もちろん自分の頭で考えることも重要ですが、わからない問題、感覚は一緒になって解決していきましょう。そしてできる人の感覚を手に入れましょう。

現代文・小論文添削指導

慶早進学塾 現代文・小論文指導

慶早進学塾の最大の強みはどこですか?と聞かれたら、僕は迷わず「現代文と小論文の直接指導」だと答えます。それくらい自信のある分野です。

概ねどの科目も参考書を通じた自習によって学力は向上していきます。しかし現代文と小論文はやや不確定要素の多い科目です。

それは明確に一つの答えで定まらない設問の数が多いこと、また客観式の問題であっても、そこに到達するまでの解法が無数にあり、それを一般化させることが難しい科目だからです。

そのためこの二つの科目に関しては、随時添削指導を塾長である私が直接行う形で対応しています。

2018年度の慶應合格数が8名中7名であったことは間違いなくこの小論文添削のおかげであると言って差し支えないと考えています。

そのため現代文や小論文でお悩みの方はぜひ慶早進学塾にお越しいただくことを強くお勧めしています。

まとめ

毎年多くの生徒に来ていただいています。

思えば、当時個人でSkypeを使用し指導していた時の生徒の多くが岐阜の子で、その中の6名が高校2年生から高校3年生で継続になりました。

その子達により良い教育を提示しなければならないという一心で、22歳の時に思い立って岐阜に来ました。

それ以来、通算で3年で200名を超える方が生徒になっていただき、本当に皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとうございます。

毎年改善しないといけないことが山ほど出現してきます。そのどれもが改善することができれば、皆様のためになると信じ、一つ一つスタッフと共に丁寧にお仕事をさせていただけたらと考えています。

ぜひ今後とも慶早進学塾をよろしくお願い致します。

慶早進学塾

塾長 鴨井 拓也

関連記事

  1. 【塾長が教える】パターン別第一志望、併願校の考え方講座

  2. 慶早進学塾大垣校のご紹介