2016慶應義塾大学文学部解答速報&入試総評

2016年の慶應義塾大学文学部の入試問題の解答速報と入試総評に関してのページだ。
2016年の慶應文学部の試験を受験した人や今後受験するつもりの人はぜひ参考にしていただきたい。
 

慶應文の入試問題の特徴

慶應文学部は複数の方式はなく、配点や平均点、合格最低点は以下の通りだ。

年度入試 試験科目 配点 受験者平均点 合格最低点
2015 外国語(英語) 150 75.86 209
地理歴史(日本史) 100 48.70
地理歴史(世界史) 100 50.45
小論文 100 53.69
合計 350

 
慶應の文学部の入試には大きな特徴がある。
順番にあげていこう。

英語の設問が完全記述式

大半の私立大学の英語は長い文章を読ませて記号を選ばせるという問題が主流だ。
しかし慶應の文学部の問題では制限時間が120分で大問数は1問、そして自分で文章を書くという記述式の問題となっている。
これは今後数々の文献を読んでいく文学部の人が、文章を読み、自分で解答を構築できる力が身についているのかを試すという意図があるのだろう。
そしてこのような形式のため一橋大学などや旧帝国大学の英語を勉強してきている人にとって非常に慶應の文学部は併願しやすいという特徴がある。
 

英語で辞書が持ち込み可

また同様に英語の試験では紙の辞書であれば持ち込みが可となっている。
長い時間の中で一問一問にじっくり取り組まなければならない、慶應文学部特有の配慮である。
 
以上のように慶應の文学部は国公立の問題のような印象を受けるため、特に私大専願の人はそれ相応の対策をしなければならない。
 

2016慶應義塾大学文学部解答速報

では実際に2016年の慶應文学部の解答速報を確認していただきたい。
問題確認後随時更新される形となるが、特に英語は即日公開予定だ。
 

英語

2016慶應義塾大学文学部英語解答速報

日本史

 

世界史

 

小論文

 

2016慶應義塾大学文学部入試総評

ではここで今年の問題の総評について確認しよう。
 

英語

 

日本史

 

世界史

 

小論文

 
 
 

慶早進学塾公式ライン

どの科目をどの順番で効率よく勉強していけばいいのか分からない。
勉強に対するモチベーションを維持できず、別のことをしてしまう。
そういう悩みを抱く方は多いと思います。そういう時こそ、受験ときちんと向き合わなければいけません。
自分に合う正しいやり方を見つけ、日々適切な量の努力をしないと、成績は思うように上がらない状況も生まれます。

慶早進学塾の公式ラインでは、慶早進学塾の各種サービスをご利用いただいている生徒さんへの還元という想いから、以下の内容をテキストや写真、動画で完全無料で配信しています。
・普段から意識したい勉強方法
・有益な受験情報
・モチベーションの維持方法/上げ方

ぜひ登録して日頃の勉強に役立ててください!受験を楽しみましょう!

友だち追加

関連記事

  1. 2019年度慶應義塾大学商学部解答速報&入試総評

  2. 2016年解答速報&入試総評

  3. 2016早稲田大学商学部解答速報&入試総評

  4. 2017年度センター試験解答速報&難易度速報

  5. 2019年早稲田大学商学部解答速報&入試総評

  6. 大学解答速報(全学部)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


校舎長候補募集中!

カテゴリー