慶早進学塾

2016慶應義塾大学法学部解答速報&入試総評

2016年02月16日 | 入試総評

慶早進学塾オンラインコースご案内

このページは2016年の慶應義塾大学法学部の入試問題の解答速報と総評に関してだ。
2016年の慶法を受験した人、それから今後慶法を受験する予定の人はぜひここで本年の問題を確認していただき、今後の対策の参考にしてほしい。
 

慶應法学部の入試問題の特徴

ではまずは慶應法学部の入試問題の特徴を確認しておこう。
慶應の法学部は法学科と政治学科にわかれており、配点や平均点、合格最低点は以下の通りだ。

  • 法学科
年度入試 試験科目 配点 受験者平均点 合格最低点
2015 外国語(英語) 200 99.8 232
地理歴史(日本史) 100 46.7
地理歴史(世界史) 100 50.8
論述力 100 48.5
合計 400
  • 政治学科
年度入試 試験科目 配点 受験者平均点 合格最低点
2015 外国語(英語) 200 103.5 238
地理歴史(日本史) 100 50.4
地理歴史(世界史) 100 53.5
論述力 100 48.5
合計 400

 
このように毎年法学科よりも政治学科の方が合格最低点が高い傾向にある。
 
さてでは次に慶法の問題に関してだ。
全体的に慶應義塾大学は国公立併願者を意識してか、書かせるタイプの問題(例:小論文、慶應経済の英作文、歴史、慶應文の英語、)、や受験科目が特殊(例:小論文、慶商のA方式の受験科目)であると言える。
そのため全体的に国公立の併願者が多くなるのが特徴だ。
 
しかし慶應の法学部の試験問題はこの傾向とは大きく異なる。
いわゆる基礎知識をベースに書かせたり、考えさせたりする問題ではなく、むしろその逆で高度な知識を要するいわゆる私立大学文系の問題であるという印象を受ける。
どの科目も非常に高度な知識が要求され、また設問の形式も慶法特有のものが多いため、例え東大志望の人であっても気を抜ける試験ではないだろう。
事実、東大に合格した人の併願成功率は、経済や商など他の学部よりも、法学部の方が低い傾向がある。
ここの解答速報を参考に、今後の対策を十分に練る必要があるだろう。
 

2016年慶應義塾大学法学部解答速報

では本年の慶應法学部の解答速報に関してだ。
確認してほしい。

英語

2016慶應法学部英語解答速報

日本史

 

世界史

 

小論文

 

2016年慶應義塾大学法学部入試総評

本年の問題がどうであったかここで講評をしておこう。

英語

 

日本史

 

世界史

 

小論文

 
 

慶早進学塾の無料受験相談

  • 勉強しているけれど、なかなか結果がでない
  • 勉強したいけれど、何からやればいいか分からない
  • 近くに良い塾や予備校がない
  • 近くに頼れる先生がいない

そんな悩みを抱えている人はいませんか?
各校舎(大阪校、岐阜校、大垣校)かテレビ電話にて、無料で受験・勉強相談を実施しています。

無料相談では
以下の悩みを解決できます

1.勉強法

何を勉強すればいいかで悩むことがなくなります。

2. 勉強量

勉強へのモチベーションが上がるため、勉強量が増えます。

3.専用のカリキュラム

志望校対策で必要な対策をあなただけのカリキュラムで行うことができます。

もしあなたが勉強の悩みを解決したいなら、ぜひ以下のボタンからお問い合わせください。

無料受験相談 詳細はこちら

慶早進学塾では毎年数多くの難関大合格者が生まれます。
そして合格者は皆自分の将来の夢や目標に向かって羽ばたきます。
確かに受験で結果を残すことは大事です。
しかしそれと同時にその先にあなたが何をやっていくのかも重要です。
私たちと一緒に勉強しながら、成績を上げませんか?
そしてあなたの夢を一緒に叶えていきませんか?

慶早進学塾の無料体験相談

無料体験のお申し込み・ご相談は
下記のフォーム、またはお電話にて受付中

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日12:00-22:00

慶早進学塾岐阜校内

お問い合わせフォーム

お名前

必須

メールアドレス

必須

電話番号

必須

電話に出られる時間帯

必須

住所

必須

学校名

任意

志望校

任意

お問合せ内容

必須

入塾申込み無料受験相談の希望慶早進学塾の受講内容確認求人についてその他

受講希望校舎

必須

岐阜校大垣校大阪校Skypeを使用したオンライン

お問合せ詳細

任意