2019年度慶應義塾大学文学部解答速報&入試総評

2019年の慶應義塾大学文学部の入試問題の解答速報と入試総評に関してのページだ。 2019年の慶應文学部の試験を受験した人や今後受験するつもりの人はぜひ参考にしていただきたい。

慶應文学の入試問題の特徴

慶應文学部は複数の方式はなく、配点や平均点、合格最低点は以下の通りだ。

順番にあげていこう。慶應の文学部の入試には大きな特徴がある。

[table id=5 /]

英語の設問が完全記述式

大半の私立大学の英語は長い文章を読ませて記号を選ばせるという問題が主流だ。 しかし慶應の文学部の問題では制限時間が120分で大問数は1問、そして自分で文章を書くという記述式の問題となっている。 これは今後数々の文献を読んでいく文学部の人が、文章を読み、自分で解答を構築できる力が身についているのかを試すという意図があるのだろう。 そしてこのような形式のため一橋大学などや旧帝国大学の英語を勉強してきている人にとって非常に慶應の文学部は併願しやすいという特徴がある。 昨今の短い制限時間の中で多くの問題を解かせるタイプの問題ではなく、一問一問じっくり文章や設問と対峙することが要求される。

英語で辞書が持ち込み可

また同様に英語の試験では紙の辞書であれば持ち込みが可となっている。 長い時間の中で一問一問にじっくり取り組まなければならない、慶應文学部特有の配慮である。 以上のように慶應の文学部は国公立の問題のような印象を受けるため、特に私大専願の人はそれ相応の対策をしなければならない。

2019慶應義塾大学文学部解答速報

では実際に2019年の慶應文学部の解答速報を確認していただきたい。 問題確認後随時更新される形となるが、特に英語は即日公開予定だ。

英語

2019年度 慶應義塾大学文学部 英語

日本史

2019年度 慶應義塾大学文学部 日本史

世界史

2019年度 慶應義塾大学文学部 世界史
※IICの解答を修正しました。ご迷惑をおかけいたします。

2019慶應義塾大学文学部入試総評

ではここで今年の問題の総評について確認しよう。

英語

日本史

世界史

小論文

慶早進学塾では毎年数多くの難関大合格者が生まれます。
そして合格者は皆自分の将来の夢や目標に向かって羽ばたきます。
確かに受験で結果を残すことは大事です。
しかしそれと同時にその先にあなたが何をやっていくのかも重要です。
私たちと一緒に勉強しながら、成績を上げませんか?
そしてあなたの夢を一緒に叶えていきませんか?

慶早進学塾の無料体験相談

無料体験のお申し込み・ご相談は
下記のフォーム、またはお電話にて受付中

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日12:00-22:00

慶早進学塾岐阜校内

お問い合わせフォーム

お名前

必須

メールアドレス

必須

電話番号

必須

電話に出られる時間帯

必須

住所

必須

学校名

任意

志望校

任意

お問合せ内容

必須

無料受験相談の希望夏期講習の申込み冬期講習の申込み慶早進学塾の受講内容確認求人についてその他

受講希望校舎

必須

岐阜校大垣校中山校Skypeを使用したオンライン

お問合せ詳細

任意